運営:司法書士佐藤貴史事務所
〒060-0042 札幌市中央区大通西11丁目4番地 半田ビル4F

受付時間
9:00~17:30
 定休日  
土曜・日曜・祝日

  お気軽にお問合せください  

011-211-8911

業務案内

当事務所のサービスについてご紹介します。

相続

ご親族(被相続人)が死亡し相続が開始し、相続人となる場合、単純承認(全てを受け継ぐ相続)、相続人全員での限定承認(被相続人の債務が不明で、相続財産の限度で債務を負担する相続)、相続放棄(一切を受け継がない)を選択することが可能です。
なかでも、単純承認による相続は、相続人間での遺産分割協議、金融機関や法務局での相続登記手続きなどの必要があり、全てをご自身で準備し行うことは多くの時間と労力が要しますので、まずは当事務所へご相談ください。
なお、限定承認と相続放棄は、ご自身のために相続の開始があったこと知った時から3カ月以内に家庭裁判所へ申述する必要がありますので、裁判所提出書類作成のご相談も当事務所へお問い合わせください。相続登記を依頼したいという希望がきっかけとなりご相談に来られることも多いですが、その他にもお客様に必要な手続きを確認するよう心がけております。また、相続財産に不動産があり処分を検討している場合は、不動産業者をご紹介することも可能です。

詳細はこちらへ

後見

認知症・知的障害・精神障害などで、ご本人の判断能力が十分とはいえない状況にあるとき、成年後見制度により後見人となった方が、ご本人に代わって財産管理や身上保護(生活・医療・介護の契約)を行うことを必要とする場合があります。
なお、成年後見制度については、以下の2つに分類されます。
①ご本人の判断能力がしっかりとしている段階で、将来お願いしておきたい事柄やお願いしたい人を予め決めて契約をしておく「任意後見」。
②ご本人の判断能力が低下した際に、家庭裁判所へ申立を行い後見人が選ばれる「法定後見」。

更に、「法定後見」については、ご本人の判断能力に応じ、後見・保佐・補助の3つの類型があります。

当事務所の後見人等就任実績は40件以上と経験豊富ですので、お客様が後見人等に就任された後に必要な手続きについてのご相談も承ることが可能です。

法定後見に関しては、本人の判断能力が低下したあとにご親族からのご相談を受けることが多いですが、実際に後見が始まった際のイメージを持っていただけるようご説明することを心がけております。

詳細はこちらへ

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

011-211-8911
受付時間
9:00~17:30
定休日
土曜・日曜・祝日

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

011-211-8911

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。